調湿用 竹炭

調湿《結露防止と含水率低下》・保温《外部との温度差の緩和》・脱臭《有害物質や匂いの吸着》を目的とした商品です。木質バイオマスである成長の早い竹を炭化し竹炭にして有効利用。人にも環境にもやさしい天然素材です。
竹炭は多孔質の構造です。、極めて微細な空洞のパイプが無数に連なった構造をして、しかもその延べ表面積は、1gで約700㎡にもおよびます。その多孔質の穴に、嫌な臭いやホルマリンなどの有害物質を吸着します。また、余分な湿気を吸放出します。この調湿の働きは、湿気の多い空気から水分を吸湿し、逆に乾燥している空気に対しては水分を放湿します。このように竹炭は空気中の湿度を調整、臭い等を吸着します。商品を床下に敷き詰めることで、外部との温度差を緩和し(保温性)、相対湿度の上昇を抑えます。調湿と保温作用の相乗効果によって床下環境が改善されることで、床下木部の含水率や、カビなどの発生を抑制します。また、竹炭はほとんどが炭素で、変質しにくいので多孔質の構造は変わりません。
外側の袋は不織布(湿気や水気に強く中身が外にもれにくく、通気性を保っている特殊な袋)施工後のメンテナンスは必要ありません。

        

             

 

袋サイズ 500×500×約30~50mm  施工目安:16袋/坪から
注文単位:1ケース(8袋) 価格:オープン

【法人様には、ご希望に応じた規格でのオリジナル商品・調湿炭OEM生産も承ります】

 

※商品の仕様は予告なく変更する事があります。

2016年04月28日